<< 【お知らせ】 12/27(土)の『サイレンとナイト』開催が来春へと延期となりました!m(_ _)m | main | 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13 >>

文化座サポーターズ友の会望年会 2014.12.13

0
    141213_1540~01.jpg
    【写真1.文化座望年会より、艶やかな韓国の民族舞踊。】

    141213_1559~010001.jpg
    【写真2.文化座望年会より、若手劇団員による「旅立つ家族」挿入歌のパフォーマンス。】

    141213_1758~01.jpg
    【写真3.劇団文化座代表、佐々木愛さんの味わい深いご挨拶。】

    141213_1935~02.jpg
    【写真4.藤原寛章さんと。】

    141213_1936~01.jpg
    【写真5.有賀ひろみさんと】


    No Music, No Life

    …は自分もちょっとお世話になってますf^_^;某大手レコードショップの標語。(12/12配信記事参照。)

    「音楽の無い人生なんてありえない…」

    それをもじって

    No Theatre, No Life

    もしくは

    No Play, No Life

    「演劇の無い人生なんて…」


    あるいは

    「演じ興じることの無い人生なんて…」

    大江健三郎さんではないですが、
    少し立ち止まって「魂のこと」を鑑みれば
    確かに人は

    「…パンのみにて生きるものにあらず…」(by 新約聖書)



    そんな魂のことを意識的に大事にされている人々の集いに先日(13日)、自分も参加して来ました。

    それは

    劇団文化座 サポーターズ 友の会 2014年 望年会

    劇団員と劇団を支えている人々との実にざっくばらんな交流会

    若い新人俳優の詩朗読&自己紹介コーナーなどでは
    ベテランのサポーターズの方々から

    ヨ〜シ!
    いいぞ〜!


    と、決起集会さながらの合いの手が飛んだり…とてもコール&レスポンスな気持ちのいい熱さが充満。

    生活の中に劇団を持つことの豊かさ
    をとても痛感させてくれるような集いでした。


    劇団文化座

    昭和17年(1942年)2月に
    女優 鈴木光枝・俳優 山村聡・演出家 佐佐木隆らで旗揚げされ、
    平成24年には創立70周年を迎えた老舗劇団。
    平成20年度(第63回)文化庁芸術祭大賞を受賞…と実力もピカ一。
    1987年より佐々木愛さんが代表に。

    その愛さんを筆頭に
    実力派舞台俳優がベテランから若手まできら星の如く在籍。
    そのバランスの良さは

    映画「永遠の0」でもお馴染みの

    阿部 勉さん

    らベテランから

    94年に田中一村を演じ、我々奄美人には特に親しみのある

    米山 実さん

    などの中堅

    そして、昨年『GO』杉原役で
    平成25年度文化庁芸術祭新人賞
    を見事受賞した

    藤原 寛章さん(写真4参照)

    ら若手が渾然一体となったもの。

    そして「文化座と言えば女優」

    創始者でもあり昭和の名女優(もちろん平成になってからも受勲、受賞あり。)
    故 鈴木光枝さん

    の直系でもありまた文化座の精神的支柱でもある

    佐々木 愛さん

    そこに

    有賀 ひろみさん(写真5参照)



    高村 尚枝さん

    などの実力派がずらり…。

    そして

    若手の

    高橋 未央さん(『GO』のヒロイン)

    中堅どころでも

    高橋 未沙さん(『旅立つ家族』のヒロイン)

    小谷 佳加さん

    青山 真梨子さん

    長束 直子さん


    …などなど実に多士済々(たしせいせい)。

    因みにWikipediaによると
    過去には
    山形勲浜村純
    そして丹波哲郎氏なども在籍していたのだとか…。

    まさに日本演劇界の本流の一つでありますね。

    創立理念の

    〈地から湧いた演劇〉
    底辺に生きる人々に光をあてた芝居

    …に相応しく地味ながらもとても大切な物語を
    磨き抜かれた演出と演技によって伝えてくれる
    あたかも日本の良心のような存在かと。

    反日嫌韓のかすまびすしい昨今
    その韓国の演劇人と草の根タッグを組んだ近年の演目など
    啓発されること大です。
    ※今回も実に素晴らしい韓国舞踊がプログラムに。(写真1参照)

    「私たちが平和を求めますのは
    何か高邁な理念から…というより
    そもそも平和でなければ芝居が出来ない、やりたいと思うことがやれないからなのです。」


    いやしくも表現を生業(なりわい)とするものが
    平和と自由を求めることは偉いことでも崇高なことでもなんでもなく
    存在としての基本的な義務なのだ…という
    「平和のリアリズム」を深い湖の如く柔和に語る
    佐々木愛さんのお話(写真3参照)には
    同じ表現者の端くれ唄歌いの自分も深〜く感銘。(T_T)

    ウ〜ム、地に足の着いた平和運動ってこういうリアルな自己認識からスタートするものなのだな…と大いに学ばせられました。

    そんな素敵な望年会に
    なんと終盤、築秋雄も飛び入りぃ〜。(≧∇≦)

    『GO』のカーテンコールナンバー

    「インディペンデンス・デイ」

    そして、奄美の至宝スタンダード

    「ワイド節」

    を歌わせていただきました!(^_^)v

    「ワイド節」では終盤からなんと皆さん、自然に踊り始められたので、
    これはとてもそのままでは終われないぞ…ともう1コーラス追加〜の大盛り上がりロングバージョンに。
    …いや、とても感動でした!(ToT)

    ※因みにこの劇団文化座とわが奄美には少なからぬご縁が。

    自分もお世話になってます
    築地俊造さんの島唄ライブをプロデュースされている
    ティダドリーム

    関 玲子(あきこ)さん

    が鈴木光枝さんと古くから親交が深く
    田中一村を描いた94年の『夢の碑』公演などでは唄者築地俊造さんとの橋渡し役などアドバイザー的役割をされただけではなく
    なんと劇団文化座の奄美大島公演までも実現させた…という驚きの過去が存在。(◎o◎)

    島の人々が当時出来たばかり、最新設備満載の文化センターホールにて
    日本演劇界の支柱の一つ、劇団文化座の生の公演を
    しかも、奄美ゆかりの田中一村の物語で体験出来た…ということは誠、血沸き肉踊る快挙。

    昨年の『GO』に拙「インディペンデンス・デイ」が…という驚きの快事も
    元を辿ればこの玲子姉のつながりあってこそ…。

    まさに…人こそ宝、

    玲子姉、本当にありがっさまりょうた!(島言葉で「ありがとうございました!」)

    さて、因みにこの「友の会」

    年会費は個人会員が3000円
    支部会員(10名以上のグループでの登録)
    そして、
    地方会員(関東圏以外の方)
    が2500円

    特典は
    ●文化座主催の東京公演入場料が3割引(ご同伴の方も1割引)
    ●簡単な手続きで良い席を確保
    ●ご来場の際、公演パンフレットはプレゼント
    ●「文化座機関紙」「友の会だより」の郵送
    ●バックステージツアー&交流会、お花見や望年会、新年会 更には劇団員とのバス旅行などの企画へのお誘い

    などなどいわゆるファンクラブ的な楽しさも満杯…ですが、
    本来、我々が立ち止まって深く考えなければならない大事なことを
    磨き抜かれたお芝居として提示してくれる貴重な存在を支える…という
    これは心ある人々の、あるいは成熟した社会の義務と言えるものではないかと。
    ※経済的に余裕のある方々はぜひともサポーターズの方へ。


    近代国家が軍隊を持つのが避けられない現実なのだとしたならば
    我々は内面の自由を守るために劇団を持つ必要がある

    (by 詠み人知らず)

    あと、芝居を観ると確実に心が若返ります。
    つまり
    見続けると年をと・り・ま・せ・ん

    もちろん音楽もですが…f^_^;

    せっかくの貴重な人生
    どうせなら若々しくいきたいもの。

    皆さん、心の自由を守るために芝居を観ることと、それから音楽を聴くことは
    ぜひ!!習慣に…。
    ※それもDVDとか安易なネットとかではなく直接魂が触れ合えるライブで…。


    で、そのライブですが

    次回劇団文化座公演

    2/25(水)〜3/1(日)

    田端 文化座アトリエにて

    三好十郎戯曲の実に68年ぶりの再演

    『稲葉小僧』

    ※お問合わせ・お申し込み 劇団文化座 03-3828-2216


    ついでに…。

    築秋雄ライブも
    もうすぐf^_^;

    12/29(月)
    吉祥寺曼荼羅

    築秋雄企画『希望の翼』〜エピソード11
    築秋雄×Jonathan Bell(スペシャル・ゲスト)


    19:00open/19:30start
    前売¥2700/当日¥3000(ドリンク別)

    お問合わせ、チケット予約 0422-48-5003(曼荼羅)



    No Music, No Life

    No Theatre, No Life

    そして、

    No Play, No Life


    我らの Quality Of Life の為に…。


    立派な人になれますように
    正直な人になれますように
    いつでも真実を見極め
    自分を取り巻く光が見えますように
    いつでも勇敢で
    まっすぐ立ってひるむことなどありませんように
    とこしえに若く、とこしえに若く
    とこしえに若いままでいられますように
    May you stay forever young…


    「Forever Young(いつでも若く)」by Bob Dylan
    (中川五郎 訳)



    築 秋雄

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
      築秋雄 (02/20)
    • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
      築秋雄 (02/20)
    • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
      土居 (02/16)
    • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
      榊 (02/16)
    • 明日は新宿三丁目にて池田里奈さんのグループ「なチュッっぱ」ライブが開催!
      築秋雄 (07/06)
    • 明日は新宿三丁目にて池田里奈さんのグループ「なチュッっぱ」ライブが開催!
      いけだりな (07/05)
    • 速報!!築秋雄&アルバトロス 奄美『希望の翼』ツアー2014 2日目も大盛り上がり…(T_T)
      栄 (03/03)
    • 『やってみろよ!ナイト☆』2013 3.11
      築秋雄 (03/17)
    • 『やってみろよ!ナイト☆』2013 3.11
      プルーストのT (03/15)
    • 築秋雄関西ツアーVol.6 無事、終了しました!
      築 (06/02)
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM